2007年08月06日

グッズとは:腰痛グッズの中には、これって一体何に効果...

腰痛グッズの中には、
これって一体何に効果があるのと思ってしまうものが結構な数ある。
腰痛グッズを作っているところでは、
きちんとした専門家が監修をしているのだろうが、
これらの腰痛グッズを購入する際は、
販売店の意見を鵜呑みにしないほうが良いかもしれない。


腰痛グッズに頼らずともぎっくり腰は完治する。
急性の腰痛の多くが2〜3日もすれば痛みは治まり
立てるようになり、
歩けるようになってくる。
必要最低限のことを守っていくことができれば、
ぎっくり腰を再発することはない。
なのにぎっくり腰を再発してしまう人が多いのは、
TMS理論で説明されていることが間違いではないことを示しています。


腰痛グッズで真っ先に思いつくのは、
座る際に腰をサポートしてくれるクッションではないか。
パソコンが普及してからというもの、
1日中座りっぱなしで画面を見続けていることが普通になってきたことが理由であると思う。
ただやはり、
こんな状態で続けることは腰痛になっていない人にとっても苦痛だ。


腰痛グッズはあくまで腰痛を軽減するための補助的な役割のものが多いが、
最近のマッサージチェアは本気で腰痛を改善してしまうのではないかと思うくらいの性能を有しています。
特に注目すべきは、
今のマッサージチェアは全身をくまなくケアできるものがほとんどだということです。
ここは非常に大事な点です。
タグ:TMS理論
posted by 腰腹健康人 at 09:07| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。